陰部 臭い 対策

生理中のきつい臭いにうんざり対策は

生理中の膣の臭いにうんざり
生理中の陰部のひどい臭いを軽減する方法

 

股の臭いが一番強くなるのは何といっても生理中です。
普段は気になる程度でも生理中になると尋常じゃないほどにおります。
このページではなぜ臭うのか、解消方法はないのかを紹介します。

 

 

臭いの原因は経血ではなく細菌

生理中の臭いが強くなる原因は普通の時の、汗臭いにおいのおりものの臭いと同じ仕組みで匂います。
つまり血液中に細菌が繁殖してしまうからです。
空気に触れると細菌は活発に活動しよごれを分解して悪臭を放ちます。
それまでには3時間かかるといわれています。

 

 

生理中の臭いの解消方法

細菌の繁殖と聞くと気持ち悪くなりますが、対策方法はちゃんとあります。

 

 

その方法は簡単で清潔にすることです。
経血を3時間以上放置していると臭いがするので、それまでにできるだけ早く細菌が入る前に増える前に処理します。

 

 

ナプキンをまめに交換する

こまめにとよく言いますがどのくらいの頻度でしょうか。
それは3時間くらいがおすすめです。
というのは細菌が増えて嫌なニオイを出すまでには3時間の時間がかかるからです。
逆にいうと3時間以内に交換すれば悪臭を防げるのです。

 

変えられない時は拭き残しに気をつける

就寝中や外せない用事でどうしても、手が離せないときなどナプキンを変えられないシーンというのはいろいろあるものです。
そういう時は経血が陰部についたままにしないようにウェットティッシュなどで拭き残しをなくす方法があります。
市販では専用の拭きシートを売っていますしウェットティッシュやおしりふきを使う方法もあります。

 

 

布ナプキンを使うという方法も

布ナプキンはとても通気がいい素材です。
なので布ナプキンにすることでむれが緩和されて臭いを解消することもあります。
普通の紙ナプキンは水をよくすってくれるのですが、それだけむれやすいともいえます。

 

 

ズボンなどできつく締めない

ショーツを風通しの良いものにするのはもちろんですが、ズボンできつく締めたりするのもNGです。通気を良くするように心がけます。

 

 

膣洗浄で改善することも

生理中の臭いは主に膣の中からの臭いが気になると思います。
特に終わりかけには茶色いおりものが長く続き不快です。
膣の洗浄ビデを使うと汚れをすっきり落としてくれるので、生理が早く終わるというメリットもあります。