陰部 臭い 対策

股のにおいは病気?

デリケートゾーンの臭いが気になるという悩みを抱えている女性は多いです。
しかし股はいつも多少の臭いはするところ、どのぐらい強いと異常なのか病気なのか見ていきましょう。

 

股の正常なにおいは

陰部のにおいは病気?その原因と対策方法とは!

 

まず股の正常の臭いについて紹介します。
デリケートゾーンの臭いは分泌物やおりもののにおいで正常な場合はデーデルライン桿菌という善玉菌が出す乳酸によって多少甘酸っぱい臭いがします。

 

これが正常な股の臭い

 

股の臭いが異常だと考えられる原因

考えられる原因は病気と生理的なもの2つがあります。

 

病気で起こる臭いの原因

まず気になるのが性感染症ですね。
性感染症で起こる臭いが強くなる病気を紹介します。

 

リン病

リン病ではおりものの色が変わります。黄色い色になりなり量が増えます。
悪臭の程度は強くはありません。

 

トリコモナス腟炎

トリコモナス腟炎は外陰部が痒くなる悪臭のある海のようなおりものが出ます。色は黄色っぽい色から黄緑色っぽい色をしていることが多いものです。

 

カンジダ膣炎

カンジダ膣炎は正確にいうと性感染症だけではなくて、性交渉以外で感染することが多いものです。
特徴は激しい痒みと白っぽいおりものです。

 

 

生理的な原因の匂い

デリケートゾーンが不潔になっている股が不潔になるとおりもののや汗が原因やって雑菌が繁殖し悪臭が出ます。

 

 

洗いすぎで汚れが悪化

デリケートゾーンをボディーソープで洗ったり、洗いすぎたりしてしまうと陰部の環境が壊れて雑菌が繁殖し、不潔の時と同じように臭いが発生してしまいます。

 

 

タンポンなどの抜き忘れ

タンポンをうっかり抜き忘れていたり、下が切れて取り出せなくなったりすると経血が腐敗し強烈な臭いがします。
自力で取り出せなくなったら恥ずかしがらずに婦人科に行きましょう。

 

デリケートゾーンのワキガ

すそわきがという言葉を聞いた方が多いでしょう。
実は股にもアポクリン汗腺があり、活発に活動しているとわきが臭がするがすることがあります。
特にスソガの場合は性行為で活動が活発化してしまい、相手にも迷惑をかけてしまうことがあります。

 

 

生理中・生理前後の臭い

陰部にも皮脂腺がありここから皮脂が分泌されます。
皮脂は女性ホルモンのバランスで影響を受けるので、生理前に臭いが強くなると思う女性もいます。
生理中の臭いは主に腐敗臭で経血を早く外に出したり膣を洗浄したりすることが有効です。

 

 

以上、股の病気それ以外の原因で起こる臭いを解説しました。
上記の項目で思い当たる点などがあれば早めに婦人科に行かれた方が良いでしょう。